奈良県今井町に佇む町家民宿「嘉雲亭」公式ホームページ。江戸時代の古い民家を利用した少人数限定のアットホームな滞在をどうぞ。

今井町についてタイトル今井町についてタイトル今井町についてタイトル

周辺マップ&観光

今井町マップはこちら

今井町には約600軒の民家がありますが、そのうちの8割以上が江戸時代以降に建設されたものです。大きな火災にあうこともなく、数多くの重要文化財や町並みが当時の姿のままで残っています。今井まちや館では、当時の生活の様子が再現されており、まるで江戸時代にタイムスリップしかたのような感覚を楽しむことができます。

今井町観光マップ

今西家住宅イメージ

A今西家住宅

豊田家住宅イメージ

B豊田家住宅

中橋家住宅イメージ

C中橋家住宅

上田家住宅イメージ

D上田家住宅

音村家住宅イメージ

E音村家住宅

旧米谷家住宅イメージ

F旧米谷家住宅

河合家住宅イメージ

G河合家住宅

高木家住宅イメージ

H高木家住宅

称念寺本堂イメージ

I称念寺本堂

吉村家住宅イメージ

J吉村家住宅

山尾家住宅イメージ

K山尾家住宅

旧高市郡教育博物館華甍イメージ

L旧高市郡教育博物館(華甍)

今井町の町並み

今井町の町並み 称念寺を中心とした寺内町今井は完全な城塞都市で、江戸時代初期の概略を考えると、東西600m、南北310m、周囲には環濠土居を築いた戸数1100軒、人口約4000数百を擁する財力豊かな町でした。
  町割は西、南、東、北、新、今の六町に分かれ、9つの門からは木橋を通って濠を渡り、外部の道路と連絡しています。内部の道路で見通しのきくものはなく、ほとんどが一度屈折させております。これは、敵の侵入に備えて、その遠見、見通し、弓矢・鉄砲の射通しを不可能にしたものでした。当初は軍事目的のためにつくられたものでしたが、江戸時代中期には富裕な商人の生命、財産などを外部から守るというものに変貌していきます。
  現在も、今井町の大半の民家が江戸時代以来の伝統様式を保っており、慶安3年(1650年)の今西家をはじめすぐれた民家が数多く立ち並び、今なお、町全体が戦国時代にできた寺内町の歴史の重さをずっしりと感じさせています。

レンタサイクルのご案内

ページの先頭に戻る

今井町の町並み